第165回例会の案内

テーマ

様々な糖尿病ー概念と治療の実際

開催日時 2019年10月19日(土)午後3時30分〜午後7時5分まで
会場

砂防会館(別館)住所:東京都千代田区平河町2−7−5電話03−3261−8386
会場アクセスマップ

交通機関 地下鉄「永田町」駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)
3番出口より徒歩約1分
参加費 一般(東臨糖の会員外(医療従事者))3,000円/1人

 

 本例会は

日本糖尿病療養指導士「認定更新」のための単位(2群1単位)が認定されています。

  (認定番号:19ー0773

当医会は  社団法人日本糖尿病学会「専門医」としての更新単位(1単位)が認定されています。
本例会は

 日本糖尿病協会の「療養指導医更新」のための“講習会”として認定されています。

 日本糖尿病協会の「歯科医師登録医」のための“講習会”として認定されています。

本例会は

 日本医師会生涯教育制度「参加証明書」(2単位)が認定されています。

 (カリキュラムコード:76、71、82、0

 東京CDE・CDS「2群研修」(2単位)が認定されています。

 

〔一般社団法人 東京臨床糖尿病医会 第165回例会〕

 

◆開催あいさつ 理事長(会長):本 田 正 志(15:30〜15:35=05)

◆司 会:菅原正弘 (菅原医院)

 

第1演題 「1型、2型、妊娠糖尿病以外の糖尿病」

(15:35〜16:25=50)

【要旨】「その他の糖尿病」の原因は多岐にわたる。膵β細胞やインスリンの遺伝子異常。膵外分泌疾患、内分泌疾患、肝疾患。グルココルチコイド、抗精神病薬などの薬剤もリスクがある。概要と注意点を解説する。

講師:佐藤 淳子先生(順天堂大学大学院医学研究科 代謝内分泌内科学 准教授)

 

第2演題 「2型糖尿病:治療困難例の対応」

(16:25〜17:15=50)

【要旨】糖尿病の経口薬の選択肢は増え、患者の平均HbA1cはよくなったが、治療に難治する症例は少なくない。
どのようにすれば血糖コントロールを改善できるのか、自経例、紹介例、なども呈示し考察する。

講師:荒木 厚先生(東京都健康長寿医療センター 副院長 内科総括部長)

-−−−−−−−−−−−−−−−−−コーヒータイム(17:15〜17:25=10分)−−−−−−−−−−−−−−−

第3演題 「1型糖尿病: なぜ困難なのか?」

(17:25〜18:15=50)

要旨】年齢に関係なく発症する1型糖尿病の継続治療に熟知することは糖尿病治療の知識、技術をさらに深めることになる。在宅機器にふりまわされることなく血糖管理をこなすスキルを身につけたい。

講師:内潟 安子先生 (東京女子医科大学東医療センター 病院長)

 

第4演題 「妊娠糖尿病と糖尿病合併妊娠」

(18:15〜19:05=50)

【要旨】妊娠糖尿病は妊娠中にはじめて発見または発症した糖代謝異常である。一方、糖尿病合併妊娠は、妊娠前から糖尿病を指摘されていた場合である。いずれも母児合併症の予防のため、その血糖管理が重要である。

講師:柳沢 慶香先生 (東京女子医科大学 糖尿病センター内科 准教授)

 

◆次回例会(166回例会)のお知らせ 菅野一男先生 (かんの内科 三鷹市)

(19:05〜19:10=05)


共催:一般社団法人 東京臨床糖尿病医会 ・ノボ ノルディスク ファーマ
後援:一般社団法人 日本糖尿病学会関東甲信越支部

 

 

           第168回特別例会「演題募集」のお知らせ
◎2020年7月25日(土)開催予定の第168回特別例会におきまして、広く「症例発表・研究報告」等の“演題”を募集致しております。※発表のテーマにつきましては、どのようなテーマで構いません。
◎医師・コメディカルの方々(会員・一般を問わず)の奮ってのご応募をお願い申し上げます。
※お願い:発表演題のタイトルと100文字以内の発表内容の“要旨”を2020年4月20日(必着)までにお知らせ下さい。
※発表抄録は、2020年5月31日までにA4サイズ40文字×40行で2枚以内(別途、図・表OK)を事務局のメールアドレスまで添付資料として送付をお願い致します。
◎尚、初めてのご発表者に限り(1演題につき1名)に「守屋美喜雄賞」として“賞金”2万円および“記念品”を贈呈させて頂きます。(年齢は問いません)
◎お問い合わせは、事務局(担当:深堀幸次)までお願い致します。

 

                  お知らせ

・日本糖尿病学会では「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づいた運営を行うため、2019年5月開催予定の「第62回年次学術集会」から演題登録時の倫理審査確認の必須化を実施しています。

・臨床研究、疫学調査、ヒト試科を用いた基礎研究に該当する演題においては、登録時に承認を受けた「承認機関」と「倫理審査番号」の入力が必須となります。

◎東京臨床糖尿病医会では、「倫理審査委員会」を設置しています。

◎会員の方々の「審査料」は“無料”です。(但し、事務手数料として:5,000円)

お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
勤務先施設名(必須)

(例:○○病院)
勤務先郵便番号(必須)

(例:123-4567)
半角でお願いします。
勤務先住所(必須)

(例:東京都渋谷区桜丘町9-17)
自宅郵便番号(必須)

(例:123-4567)
半角でお願いします。
自宅住所(必須)

(例:東京都渋谷区桜丘町9-17)
職種(必須)
医師
歯科医師
看護師
薬剤師
管理栄養士
栄養士
臨床検査技師
保健師
理学療法士
作業療法士
運動指導士
その他
CDE(日本糖尿病療養指導士)資格有無(必須)

要望事項等何かありましたらご記入下さい
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

▲このページのトップに戻る