リスクマネージメント対策講習会

 

 ◆テーマ:リスクマネージメントのあり方 (ステップ1)
 
―医療ミス・医療過誤・医療事故等防止のためにー

◎本講習会は、1,5時間を基本としますが、与件には対応致します。

 ◆はじめに(あいさつ) (00:00〜00:00=05)

 

T『医療ミス・医療過誤・医療事故などの背景は何か?』 (00:00〜00:00=25) 

   @日本病院会の「インシデント・アクシデント」に関する “調査結果” によると

     ※K病院で “活かされなかった” 誤注射薬の工夫

 

  A医療ミス・医療過誤・医療事故などは “何故” 減らないか?

  

  B医療ミス・医療過誤・医療事故事例などに “共通する背景” とは ?

 

U『実際の医療ミス・医療過誤・医療事故事例から学ぶなど』 (00:00〜00:00=25)

   @A病院の “組織医療・チーム医療” という “理解・認識” 不足による事故事例から学ぶ

   ※類似の事故事例として:D病院の医療裁判における意見陳述では?

  

  AB病院の “血液凝固阻止剤と消毒薬誤投与事故事例” から学ぶ(マニュアルの不遵守)    〜最高裁の判決によると〜

   ※類似の事故事例として:T病院の抗生物質誤注射事故事例

 

  B医療ミス・医療過誤・医療事故事例などに “共通する背景” から学ぶものとは?

 

V医療ミス・医療過誤・医療事故などを防止するための基本的理解』 (00:00〜00:00=20)

  @“マニュアル” で「医療ミス・医療過誤・医療事故」等は “防げる” か?

 

  AE病院における「マニュアル “遵守” による事故事例」から学ぶ

   ※E病院の不整脈治療薬の医師と看護師との “口頭指示マニュアル遵守” による事故事例

 

  B医療ミス・医療事故等防止のための “強制機能” をどう創るか?働かせるか?

明日から取り組める一案の提示)〜患者さんを守り、病院を守り、同僚を、そして自分自身のライセンスを守るためにも〜

 

W『質疑応答』 (00:00=00:00=15)

 

作成:潟Aドホック医療経営センター:深堀幸次


 

 ◆テーマ:リスクマネージメントのあり方 (ステップ2)

―患者・家族側の“提訴=訴訟”事例から学ぶ事故防止ー

◎本講習会は、1,5時間を基本としますが、与件には対応致します。

 ◆はじめに(あいさつ) (00:00〜00:00=05)

 

T『患者・家族の “提訴=訴訟” 事例から学ぶ事故防止』 (00:00〜00:00=60)

〜どうして “医療訴訟” は起きるのか?(起こすのか?) また、どうすれば “防げる” のか?〜
  

  @医療事故や「過失が無く」ても “紛争=訴訟” は起こる(何故だ!)
  

  A医療訴訟の “防止” は、“紛争=訴訟”リスクの “認識” から
  

  B“紛争=訴訟”を促す「医療(医師)サイド」の “要因” とは何か?
  

  C“紛争=訴訟”を促す「患者サイド」の “要因” とは何か?
  

  D“紛争=訴訟”を促す「医療(他の医療従事者)サイド」の “要因” とは何か?
  

  E“紛争=訴訟”防止に果たす「看護師・師長」等の “役割” とは何か?

 

U『医療における“リスクマネージメント”“本来の目的”とは何か?』 (00:00〜00:00=15)
  

  @リスクマネージメントの “本来の目的” とは何か?(防止策?マニュアルつくり?訴訟対策?)
  

  Aマニュアルは重要だが、どう “周知徹底” させるのか?そのポイントとは?
  

  Bコミュニケーションエラーは、“何故” 起こるのか? どう “防ぐ” のか?

 

V『質疑応答』 (00:00〜00:00=10)

 

作成:潟Aドホック医療経営センター:深堀幸次 

 

 

  ◆テーマ:リスクマネージメントのあり方 (ステップ3)

―実際の「諸事故事例」から学ぶ事故防止―

※患者さんを守り、病院を守り、お互いライセンスを守るために〜

◎本講習会は、1,5時間を基本としますが、与件には対応致します。

◆はじめに(あいさつ) (00:00〜00:00=05)

 

T『実際の医療ミス・医療過誤・医療事故事例から学ぶ』 (00:00〜00:00=55)
  

   @ T病院の看護師による “注射器取り違い” 事故事例から学ぶ
  

  A H病院の放射線技師の “放射線過剰照射” 事故事例から学ぶ
  

  B C病院の看護師の “透析装置の誤操作” 事故事例から学ぶ
  

  C F病院の医師の “抗がん過剰投与” による事故事例から学ぶ
  

  D M病院の看護師の “鼻腔栄養チューブ誤挿入” による事故事例から学ぶ

 

U『患者さんを守り、病院を守り、お互いライセンスを守るために』 (00:00〜00:00=25)
  

  @ 医療ミス・医療過誤・医療事故事例などに “共通する背景” と、そこから“学ぶ”ものは?
  

  A 事故発生率の “高い組織”“低い組織” にみられる “特徴・違い” は何か?
  

  B あなたの意識の中にある “オーソリティーグレィデント”
〜患者さんを守り・病院を守り・お互いライセンスを守るために “少しの勇気” を!〜
  

  C 組織医療・チーム医療って!“何だろう” か?〜欠けてはならない “キーワード は?〜
  

  D 患者さんを守り・病院を守り・お互いライセンスを守るために、強く “意識したい 5つの” 義務
  

  E コミュニケーションエラー、ヒューマンエラー “防止” のための留意点

 

V『質疑応答』 (00:00=00:00=05)

 

作成:潟Aドホック医療経営センター:深堀幸次

 

 

 ◆テーマ:リスクマネージメントのあり方 (ステップ4)

―転倒・転落等防止のためにー

◎本講習会は、1,5時間を基本としますが、与件には対応致します。

 

◆はじめに(あいさつ) (00:00〜00:00=05)

 

T『転倒・転落事故の背景は何か?』 (00:00〜00:00=30)
  

  @日本病院会の「インシデント・アクシデント」に関する “調査結果” によると
  

  AA病院での “転倒・転落要因” に関する調査結果によると
  

  BA病院での「転倒・転落」の “発生要因(状況・病状)” について
    1.“患者さん” “要因” とは?
    

    2.“ケア提供者” “要因” とは?
    

    3.“環境(施設・設備)” “要因” とは?

 

U『転倒・転落に関する一般的防止策と個別的防止策』 (00:00〜00:00=40)
  

  @一般的防止策として
    1.危険度評価(転倒・転落アセスメントスコアーシート)
    

    2.患者さん等への説明
    

    3.環境の整備
    

    4.日常の注意事項
    

    5.リスクマネージャーの活動

  

  A個別的防止策として
    1.転倒・転落防止フロー
    

    2.転倒・転落防止アセスメントスコアーシート
    

    3.転倒・転落危険度対応策

 

  B「転倒・転落」が生じたときの対応の仕方

 

V『質疑応答』 (00:00〜00:00=15)

 

作成:潟Aドホック医療経営センター:深堀幸次

 

◎その他の「プログラム」としては:下記のテーマを準備致しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

★「5S」(ゴエス)活動とヒヤリハット対策

★「4M4E分析」、「PM-SHLL分析」等による事故防止

★「リスクマネージャー」の役割と留意点

★「院内暴言・暴力」対応について

★「院内感染防止」の取り組みと防止

▲このページのトップに戻る