チームワーク(組織の活性化)のあり方講習会

 

◆テーマ:組織人・医療人としてのチームワークのあり方

〜組織の活性化と人間関係の重要性〜

 

【時間】本講習会は、1,5時間を標準としますが、但し、与件には対応致します。

 

◆はじめに(あいさつ) (00:00〜00:00=05)

 

T『私たち“組織人・医療人”として理解・認識しておきたい基本的事項 (00:00〜00:00=30)

  1)私たちの働く“チーム”(組織)とは何か?

    〜そこに働く私たち1人1人に“貢献意欲”が無ければ、そのチーム(組織)は“衰退”する〜

  2)人間とは?(お互い人間、だから、チーム(組織)活動の中でお互いが留意すべき事は?)

    〜構成メンバーの相互理解・チームワークのための基本的理解として〜

  3)チーム(組織)をチーム(組織)足らしめる“3つの”条件とは?

  4)チーム(組織)をチーム(組織)足らしめる“3つの”要素とは?

    〜私たちのチーム(組織)は“生活集団”である〜

  5)チーム(組織)で働く私たち“組織人”としてのあり方および留意点とは?

    〜医療ミス・医療事故等防止のためにも〜

 

U『チーム(組織)における人間関係の重要性とチームワークの基本』 (00:00〜00:00=25)

  1)チーム(組織)における“人間関係の重要性”“何故”重要なのか?)

  2)重要な(良好な)“人間関係”を維持するための“基本的な留意点”とは?

  3)チームワークとは?

  4)チームワークの良い・活力のあるチームとは?(まとまりのある職場・組織とは?)

  5)組織(チームワーク)を“蝕むもの”とは何か?

 

V『コミュニケーションのあり方と上手なコンセンサスづくり』 (00:00〜00:00=20)

  1)コミュニケーションの“3つの要素”とは?

  2)上手な“コミュニケーション”の留意点とは?

  3)チーム内(組織内)における“コンセンサス”づくりの留意点とは?

  4)厳しい医療経営環境の中で“今、私たちに求められるもの”とは?

    〜常に、自分の所属するチーム(組織)を“良くしよう、変化しよう”と考える構成メンバー〜

 

W『質疑応答』 (00:00〜00:00=10)

 

作成:潟Aドホック医療経営センター:深堀幸次

▲このページのトップに戻る