コミュニケーション障害による事故事例から学ぶ

◆テーマ:コミュニケーション障害による事故事例から学ぶ
      〜医療安全とコミュニケーションのあり方〜


<グループワークが取り組める場合のケースとして:時間等の与件には対応致します

 

◆はじめに(あいさつ)                                            (00:00〜00:00=05)

 

T『コミュニケーション不良から訴訟(提訴)にまで発展してしまった事例から学ぶ』       (00:00〜00:00=30)

  〜医療事故や“過失”が無くても“紛争・訴訟”が起きるのは“何故”だ!その“留意点”は?〜

  〜一生懸命にやっているのにクレームが発生してしまうのは“何故”だ!その“留意点”は?〜

    事例―@60歳 男性 骨転移のある肺がんの患者さんの場合
    事例―A39際 女性 乳頭わきの小腫瘤の患者さんの場合
    事例―B65際 男性 気管支喘息、肺気腫の患者さんの場合

     ・コミュニケーションとは?
     ・コミュニケーション・エラーは“何故”起きるのか?
     ・患者さんを守り、病院を守り、お互いライセンスを守る為に“私は実践”します。

 

U『グループワーク』 (対人行動学習-2)                                (00:00〜00:00=50)
  〜チームワーク(協力)とコミュニケーション(意思疎通)の重要性〜           

  ★テーマ:課題を達成しようとするグループ(チーム)の中で“協力する”という過程を体験的に学ぶ。

  ★狙 い:@チーム(組織)活動を上手に運営していくには、メンバー等との協力の重要性は、欠かすこと
         ができません。
         そのためには、より良い人間関係、より良いチームワーク、より積極的な、建設的な“相互の

         協力関係”が大切です。
         その基本は、どういうことなのか? 何が大事なのか? お互いが留意しなければならないこと  

         は?ということ等を体験を通して学びます。

         Aチーム内での自分の行動が、他のメンバーにどのような影響を及ぼすかについて気づく。

         B不確定な状況の中でのGWを通じて自他の感情の動き、行動、コミュニケーションの重要性 

           等に気づく。
  ★実 施:==@グループワーク開始
            A振り返り(相互の意見交換・振り返り)

 

V『質疑応答』                                                 (00:00〜00:00=05)


 作成:潟Aドホック医療経営センター:深堀幸次

 

◆テーマ:コミュニケーション障害による事故事例から学ぶ
      〜医療安全とコミュニケーションのあり方〜


<多人数の場合 or グループワークを織り込まない場合のケースとして:時間等の与件には対応致します

 

◆はじめに(あいさつ)                                            (00:00〜00:00=05)

 

T『2つの事故事例から学ぶ“チーム(組織)医療”とは?                      (00:00〜00:00=25)
 〜医療事故・ミス等防止のためにも組織人・医療人として“理解・認識”してほしいポイント〜
  

  1)私たちの働く “チーム(組織)” とは何か?
    〜そこに働く構成メンバー1人ひとりに“貢献意欲”がなければ、その組織(チーム)は“衰退”する〜
  2)では、“チーム(組織)医療” とは?
    〜ある2つの事故事例から学ぶ“チーム(組織)医療”とは?〜
    〜チームとは何か?組織とは何か?という理解・認識の不足による実際の事故事例から学ぶ〜
  3)組織人とは “何か”?(組織人としてのあり方(留意点)とは?
    〜医療事故・医療ミス等防止のためにも“理解・認識” を深めよう〜

 

U『コミュニケーション不良から訴訟(提訴)にまで発展してしまった事例から学ぶ』        (00:00〜00:00=30)
  〜医療事故や“過失”が無くても“紛争・訴訟”が起きるのは“何故”だ!その“留意点”は?〜

  〜一生懸命にやっているのにクレームが発生してしまうのか“何故”だ!その“留意点”は?〜


    事例―@60歳 男性 骨転移のある肺がんの患者さんの場合
    事例―A39際 女性 乳頭わきの小腫瘤の患者さんの場合
    事例―B65際 男性 気管支喘息、肺気腫の患者さんの場合


     ・コミュニケーションとは?
     ・コミュニケーション・エラーは“何故”起きるのか?
     ・患者さんを守り、病院を守り、お互いライセンスを守る為に“私は実践”します。

 

V『より良いコミュニケーションを創り出すためのメンバー相互の留意点』             (00:00〜00:00=25)
 1)組織(チーム)における人間関係の重要性とは?(“何故”重要なのか?)
 2)組織(チーム)における重要な(良好な)人間関係を維持するための“基本的な留意点”とは?
 3)チームワークとは?〜そのキーワードと3つのポイント〜
 4)チームワークの良い(明るく・活力のある)組織(チーム)とは?〜まとまりのある組織(チーム)とは?
 5)組織(チーワーク)を“蝕むもの”とは何か?(6つの留意点)

 

W『質疑応答』                                                 (00:00〜00:00=05)

 作成:潟Aドホック医療経営センター:深堀幸次

 

▲このページのトップに戻る