ご法度の言葉はこれ!

毎日忙しく立ち振る舞う舞台の上で、あなたは“ご法度の言葉”を無意識に使っていませんか?

例えば:

 ※窓口で患者さんに『次回来られる時に保険証を持って来て下さい』

 ※車椅子やストレッチャーの患者さんに対して『早く2階に上げて下さい』

 ※外来で患者さんに『○○さん、おしっこ採って下さい』・・・etc

もしも、あなたがこのような言葉を無意識に発しているとすれば、例え、あなたが額に汗して一生懸命患者さんに対応していたとしても、患者さんは“不満感・不信感・不快感”等を持ってしまうかも知れません。否、時にはクレーマー”となってしまうかも知れませんネ。

何故でしょうか? 分かりますか?

▲このページのトップに戻る