患者さんとの上手なコミュニケーションのあり方

 

 ◆テーマ:患者さんとの上手なコミュニケーションのあり方
 

〜患者さんにマイナス心理(誤解・副作用)を与えない留意点〜

◎本講習会は、1,5時間を標準としますが、但し、与件には対応致します。

 

内 容 

 ◆はじめに(あいさつ) (00:00〜00:00=05)

 

T『患者さんの声から“学ぶ”』 (00:00〜00:00=25)
   〜あなたの一言一句、一挙手一投足は“誤解の源”です〜

  1)ある病院における患者さんの「意識調査」(患者さんの声)から学ぶ

  2)患者さんとのコミュニケーション不良から訴訟(提訴)にまで発展してしまった事例から学ぶ

  3)患者さんにマイナス心理(誤解・副作用)を与えない上手なコミュニケーションのポイントとは?

  4)患者さんの発した言葉の“真意=その心”“何か?”を捉えよう(事例研究)

 

U『上手なコミュニケーションの留意点』 (00:00〜00:00=50)

   〜相手にマイナス心理(誤解・副作用)を与えない留意点〜

  1)コミュニケーションとは?

  2)コミュニケーションの“3つ要素”

  3)上手なコミュニケーションの留意点〜“何故コミュニケーション・エラー”は起こるのか?〜

  4)相手に期待する(求める)態度(行動)と自分のスタンス

  5)こんなとき“あなた”ならどうする?

   @ある患者さんの「窓口」での対応に対して“おかしい”と思います。

   Aある患者さんの「外来」での看護師の対応に対して“おかしい”と思います。

   Bある患者さんの「病棟」での看護師の対応に対して“おかしい”と思います。

   Cある患者さんの「医師」の対応に対して“二度とここには来ません!”

   Dある患者さんの「放射線技師」の対応に対して“二度とここには来ません!”

   Eある患者さんの「理学療法士」の対応に対して“おかしい”と思います

  6)人とのコミュニケーションにおける“六つの原則”

 

V『質疑応答』 (00:00〜00:00=10)

 

作成:潟Aドホック医療経営センター:深堀幸次

 

▲このページのトップに戻る