例会のご案内

  ◆開催中止のお知らせ

この度の東日本大震災により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今後の余震や災害の拡大の可能性について予断を許さない状況であり、参加者、関係者の皆様の安全確保が重要であることも考慮し、本例会を中止することと致しました。

 東京臨床糖尿病医会「第131回例会」のご案内

 テーマ 他科の専門医と糖尿病専門医に聞く本当は怖い糖尿病の話
 開催日時  平成23年4月2日(土)午後3時〜午後6時30分まで
 会場

 砂防会館 本館
 住所:東京都千代田区平河町2−7−5
 電話03−3261−8386

 会場アクセスマップ

 交通機関  地下鉄「永田町」駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)
 4番出口より徒歩約1分
 参加費  一般(東臨糖の会員外(医療従事者))3,000円/1人

 本例会は  日本糖尿病療養指導士「認定更新」のための単位(2群1単位)を申請中
 当医会は  社団法人日本糖尿病学会「専門医」としての更新単位(1単位)を取得することができます
 本例会は  日本糖尿病協会の「療養指導医更新」のための“講習会”に認定されています
 本例会は  日本医師会生涯教育制度「参加証明書」を配布致します

 例会参加のお申込は、下記フォームよりお願いいたします。

第131回例会

〔東京臨床糖尿病医会 第131回例会 プログラム内容〕 (CDE認定番号:申請中) 

●テーマ:他科の専門医と糖尿病専門医に聞く本当は怖い糖尿病の話

司 会:伊 藤 景 樹 (伊藤内科小児科クリニック 院長)

開催あいさつ 会長:相 磯 嘉 孝 30030505分)

司会者あいさつ:伊藤景樹  (3:05〜3:10=05分)

第1演題 『小児生活習慣病の実態とその対処法』 3:10〜34030分)
講師 岡田知雄先生(日本大学医学部附属板橋病院 小児科 教授

【要旨】現代の様々な社会背景の影響で子どものメタボリックシンドロームが増加の一方をたどっている。子どもの生活習慣病は将来の糖尿病発症につながってしまう。その現状と大人になる前に解消するにはどうすべきかを解説する。

< 質 疑 応 答 > 34035515分)

 

第2演題 『見逃してはいけない糖尿病』〜劇症1型糖尿病〜 3554:25=30分)
講師 及川洋一先生(東京都済生会中央病院 糖尿病・内分泌内科 副医長)

【要旨】劇症1型糖尿病は、高血糖症状出現後1週間前後以内にケトーシスやケトアシドーシスに陥ることから、診断や初期対応の遅れは致命的となる恐れがある。今般は、劇症1型糖尿病の臨床的特長ならびに診断のポイントについて解説する。

< 質 疑 応 答 > 4:2544015分)

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−コーヒータイム(440〜4:55=15分)−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

第3演題 『認知症と糖尿病の関連について』〜認知症新時代における視点も交えて (4:55〜5:25=30分)
講師 木之下 徹先生(こだまクリニック 院長)

【要旨】認知症を併発した人の糖尿病診療の際の留意点について、認知症の人の今のとらえ方の視点も交えて、認知症の代表的原因疾患について神経心理学的特徴から読み解く。

< 質 疑 応 答 > 5:25〜5:4015分)

 

第4演題 『糖尿病と動脈硬化症、その治療法について』 5:406:10=30分)
講師 大木 隆先生(東京慈恵会医科大学 外科学 教授)

【要旨】糖尿病は動脈硬化症発症の重大な因子である。その発症様式は頚動脈のプラーク、大動脈瘤、冠動脈狭窄など様々である。本日は我々の教室で行なっているユニークな血管外科的治療法を紹介する。

< 質 疑 応 答 > 6:106:25=15分)

 

◆次回例会(第132回)のお知らせ 相磯嘉孝(あいそ内科 板橋区) 6:25〜6:30=05分)

  ★第136回特別例会「演題募集」のお知らせ★

◎平成24年7月21日(土)開催予定の「第136回特別例会」におきまして、広く「症例発表・研究報告」等の“演題”を募集致しております。

※発表の「テーマ」につきましては、どのようなテーマでも構いませんので、医師・コメディカルの方々(会員・一般を問わず)の奮ってのご応募をお願い申し上げます。

(注)お願い-1:発表演題のタイトル100文字以内の発表内容の“要旨”および施設名・ご発表者名・職種等を平成24年5月10日(必着)までに下記のメールアドレスまでお知らせ下さい。

(注)お願い-2:発表抄録は、平成24年6月末日までにA4サイズ40文字×40行で2枚(別途:図・表OKです)を下記のメールアドレスまで添付資料として送付をお願い致します。

              メールアドレス:ammc@jeans.ocn.ne.jp 

◎尚、ご発表を頂きました演題の中から世話人による厳正な審査により「守屋美喜雄賞」として “賞金” (優秀賞3万円、参加賞1万円)および “記念品” を贈呈させて頂きます。

             →守屋美喜雄賞について 

◆お問い合わせは:事務局(担当:深堀幸次)までお願い致します。

 

共催:東京臨床糖尿病医会・ノボ ノルディスクファーマ
後援:社団法人日本糖尿病学会関東甲信越支部

 

【参加申込】

下記の「例会参加申込フォーム」よりお申し込み下さい。

又は、E−mail にて住所・氏名・電話番号・勤務先・職種等をご記入の上、事務局までご送付下さい。

追って、プログラム、郵便振替用紙、会場案内図等を送付させて頂きます。 

150-0031東京都渋谷区桜丘町9−17親和ビル103

潟Aドホック医療経営センター内 東京臨床糖尿病医会 事務局:深堀幸次 

電話:0354585035 FAX:0354586242 E−mailammcjeans.ocn.ne.jp

★本例会は:日本糖尿病療養指導士「認定更新」のための単位(2群1単位)を申請中です。(認定番号:××-××× 

★当医会は:社団法人日本糖尿病学会「専門医」としての更新単位(1単位)を取得することができます。 

★本例会は:日本医師会生涯教育制度「参加証明書」を配布致します。 

★本例会は:日本糖尿病協会の「療養指導医更新」のための“講習会”に認定されています。

▲このページのトップに戻る